滋賀県立障害者福祉センター
滋賀県立障害者福祉センター
文字サイズ l 大きく小さく元に戻す
滋賀県立障害者福祉センター
トップページ
センター概要
経営方針
利用について
一般の方の利用について
事業案内
クラブ紹介
アクセス
トップページ*事業案内*日本縦断に挑戦
日本縦断に挑戦
日本縦断に挑戦の様子
 
主催
滋賀県立障害者福祉センター
目的
エアロバイク・トレッドミル・ニューステップでの運動に一定の目標を持ち挑戦することにより体力増進と社会参加の促進を図る。
内容
日本縦断は北海道から沖縄までの鉄道・新幹線・飛行機を組み合わせた換算距離を3,418kmとする。
トレーニング室のエアロバイク・トレッドミル・ニューステップで進んだ距離を自己申告し、個人カードに記入して月ごとに累計する。
毎月個人カードに記入して、トレーニング室前に毎月個別に掲示する。
開催時期
通年(1月から12月まで)随時挑戦を開始できる。
会場
当センター トレーニング室
対象者
障害のある人・障害のない人 
受講料
参加費は無料。障害のない人は別途施設使用料が必要。
申し込み方法
事前の申込みはいりません。トレーニング室で直接自己申告。
表彰
・令和4年2月11日(金・祝)13時00分から授与式を行う。
・日本縦断1回および10回達成ごとに記念品を贈呈する。
・2回から9回までは、1回達成ごとにメダルを贈呈する。
・11回以降は5回達成ごとにメダルを贈呈する。
 (ただし、メダルと記念品が重複した時は、記念品を贈呈する。)
・11回以降で記念品・メダルを贈呈しない挑戦者には、達成証を授与する。
・年間50回以上挑戦された方には、記録証を授与する。(臨時閉所等に伴う表彰の対象挑戦回数の変更あり)
その他
・入館前に検温および体調チェックを行います。(発熱、風邪症状、濃厚接触者等に該当される場合は入館していただけませんのでご了承ください。)
・健康管理は本人の責任です。各自で十分留意してください。
万一の傷害については、応急の処置は行いますが、その後の責めは負いません。
・高齢者、糖尿病・心疾患・呼吸器疾患等の基礎疾患のある人や透析を受けている人、免疫抑制薬や抗がん薬を用いている人は、新型コロナウイルス感染症による重症化リスクが高いと言われています。参加については主治医と相談の上、十分にご検討ください。
・現在高血圧の治療をされている方は、血圧測定をしていただきます。場合によっては、参加をお断りをすることがありますのでご了承ください。
・取材や記録のため、写真撮影をさせていただくことがあります。また、広報等の刊行物に掲載することもありますので、ご了承ください。
・授与式当日が悪天候(特別警報・暴風警報等発令)の場合や新型コロナウイルス感染症等の社会状況により中止または延期することがあります。
・参加にあたって記載していただいた個人情報は、本事業運営上ならびに、センター利用上に関する目的以外で使用することはありません。
・詳細は、当センターへお問い合わせください。
問い合わせ
滋賀県立障害者福祉センター
〒525-0072 草津市笠山八丁目5番130号
TEL 077-564-7327
FAX 077-564-7641
URL http://www.shiga-fukushi-center.com/
 
PAGE TOP
 
 
 
*
* 滋賀県立障害者福祉センター
* 〒525-0072 滋賀県草津市笠山八丁目5-130 TEL 077-564-7327 FAX 077-564-7641 お問合せ お問合せ
Copyright (C) 2007 滋賀県身体障害者福祉協会 . All Rights Reserved.